イベント情報

2005年11月 1日

JIAMS 特別公開講議 1

JIAMS 特別公開講議シリーズ(無料)

デジタルアート・アニメーション学科 誕生プレイベント

イベント延期のお知らせ
誠に勝手ながら、予定しておりました下記のイベントを
延期させていただきます。
詳しい開催日程が決まり次第、ご報告致します。

第3回 2005年12月2日(金)15:10〜16:40 JIAMS多目的ホールにて

■松下進ヒストリー 〜 僕は如何にして僕になったのか?
講演者:イラストレーター 松下進

アニメーションの大きな魅力であるキャラクターデザインの世界。
そんな、魅力的で人々を引き付けるオリジナリティー溢れるキャラクターを数多く生み出している氏自身の言葉による「松下進ヒストリー」を軸にした作品紹介を交えた特別公開講議です。

松下 進 イラストレーター
松下 進は日本を代表するイラストレーターであり、特にキャラクター作家としてはその実績から他の追随を許さないトップアーティストです。
雑誌のカバーイラスト、企業向けキャラクターの作成などを通して、数多くのキャラクターを世に送り出してきた松下 進は、1994年から新たにアニメーション制作に進出、彼の生み出すキャラクターに動きを与えることにより松下ワールドはその領域を広げ、多様化するメ ディアからの要望にも積極的に取り組んでいます。

____________________________

以下のイベントにつきましては、盛況のうちに終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

第1回 2005年7月8日(金)15:10〜16:40 JIAMS多目的ホールにて

■ディズニー・チャンネル〜 Branded TV channelの幅広い魅力〜
講演者:ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパン バイス・プレジデント エディー・カックス

ディズニーのコンテンツには年齢などを超えた良質かつ幅広い魅力があります。本特別講義企画の第一回目は、そんな創造性豊かなコンテンツの魅力を、様々な形により多くの人に提供しているディズニー専門チャンネル「ディズニー・チャンネル」による作品紹介を交えた特別公開講義です。「ディズニー・チャンネル」は、映画、アニメーション、未就学児童向け番組、ドラマ、コメディ、情報バラエティ番組など、ディズニーならではの豊富なコンテンツの魅力を活かした多面的なコンテンツを提供しています。そして子供だけではなく、大人や家族みんなで創造性や想像力を高めながら楽しめる高品質なエンターテイメント・チャンネルです。本講義では、そうしたクリエイティビティによる幅広いエンターテイメントの可能性についても触れる予定です。

エディー・カックス
ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパン バイス・プレジデント

ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパンは日本国内におけるディズニー専門チャンネルである『ディズニー・チャンネル』の運営を主要業務とし、日本 オリジナルの番組制作や、宣伝活動を行っています。

____________________________

第2回 2005年10月7日(金)15:10〜16:40 JIAMS多目的ホールにて

■アニメーション表現の可能性〜ボーダレス時代の映像文化産業
講演者:株式会社 GDH 代表取締役会長 村濱章司

新学科のメインとなる教育・研究対象として「デジタル・コンテンツ」が上げられます。現在、世界に誇る日本のデジタルコンテンツ産業の一つにアニメーションが上げられますが、そのトップカンパニーであり、アニメーションのゴンゾでお馴染みの株式会社GDHの会長であるる村濱氏による作品紹介を交えた特別公開講議です。

村濱章司  株式会社 GDH 代表取締役会長
87年、ガイナックス入社。映画「王立宇宙軍オネアミスの翼」や「ふしぎの海のナディア」を担当。92年ガイナックス退社後、同年9月、有限会社ゴンゾを立ち上げ、代表取締役に就任。93年、日米合作のTVシリーズ「ウルトラマン・パワード」を手がけ、97年7月、日本初のフルデジタルアニメーション「青の6号」の製作開始。99年5月、株式会社ゴンゾへ組織変更。00年2月、株式会社ゴンゾ・ディジメーション・ホールディング(GDH)設立と同時に、代表取締役に就任。02年4月に、株式会社ディジメーションと合併し、株式会社ゴンゾ・ディジメーション設立、代表取締役社長に就任する。現在は、株式会社GDH、代表取締役会長を専任。