インタビュー

2008年9月13日

卒業生インタビュー・関口佳代子さん

int_sekiguchi.jpg

フットワークを軽くして、何事にも全力で。

2003年度卒業生(2005年度大学院卒業)
株式会社アットアームズ プロダクションマネージャー
関口 佳代子さん

Q:本学科で何を学びましたか?

A:学校で学ぶ授業を自分なりに全力で考え吸収する事はもちろん、それを生かして授業以外の活動も(遊びでも)意味のあることとして受け止め、考え、吸収する事を学びました。それは、学内イベントの段取りやJIAMSを始めとした学内OJT(On the Job Training:実際の仕事を学習の機会とすること)が例にあげられます。(友達と遊ぶ時でもいつも心をONにして!)

Q:あなたが選んだ進路とその理由を教えてください。

A:私が選んだのはCMを始めとした様々な映像や企画を扱う製作プロダクションです。理由は単純ですが、映像を作りたい、人と人とのつながりによって行う仕事が好き、人をまとめて段取りよく進めるのが好きなどです。

Q:本学科で学んだたことを社会でどう活かしていきたいですか?

A:効率よく、要領よくできるようにしていきたいです。

Q:未来の後輩にアドバイスを一言!

A:フットワークを軽くして、いろんなことを経験してください。遊びでも仕事でも、どんなことでも情報を蓄積しておくと、私みたいな幅広い企画を組み立てる職種では役に立ちます。あとは、本気で頑張って作品作りをしてください!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ddaa.jp/event_archives/mt/mt-tb.cgi/40