イベント情報

2010年3月26日

「音のさわりを聴く」~タケミツ入門~ 山路敦司教授講演会

yamaji_lecture.jpg

山路敦司准教授のレクチャー『「音のさわりを聴く」~タケミツ入門~』が、京都河原町三条のメディアショップで開催されます。

Evening Lecture Kyoto MUSIC
「音のさわりを聴く」~タケミツ入門~

講師:山路敦司(大阪電気通信大学総合情報学部准教授)
日時:2010年3月27日(土) 19:00-21:30
料金:800円(学生) 1200円(一般)
会場:鹿六メディアショップ
〒604-8031
京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44 VOXビル1F
ホームページhttp://www.media-shop.co.jp/

ご予約はこちら
TEL 075-255-0783 FAX 075-255-1592

以下紹介記事:MEDIA SHOPブログサイトより転載

このトーク・レクチャーでは、日本を代表する現代音楽の作曲家として国際的に高い評価を受けながら、映画や演劇、テレビ番組などのための音楽を数多く手がけた武満徹(1930-1996)の、ハイブリッドでクロスオーヴァーなアーティストとしての面に焦点を当て、彼の多岐にわたる作品について、エビソードを交えながらわかりやすく紹介していきます。

テーマは主に「タケミツ・トーンとは?」「タケミツとノイズ」「タケミツと映画」「タケミツとジャズ&ポップス」「タケミツとランドスケープ・デザイン」などを中心に進める予定です。

【山路敦司】
1968年生まれ。クラシック、現代音楽を基調にコンピューターからオーケストラまでを駆使し、国内外において多用なジャンルで活動するクロスオーヴァーな作曲家・編曲家・音楽プロデューサー。アート性の高いものからポップなものまで、その高い音楽性に基づく先鋭的かつ美しいノイズサウンドで国際的な評価を得る。東京藝術大学大学院修士課程(作曲)修了後、スタンフォード大学CCRMA(Center for Computer Research in Music and Acoustics)客員研究員を経て、現在大阪電気通信大学総合情報学部准教授。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ddaa.jp/event_archives/mt/mt-tb.cgi/90