入試情報

2012年12月 9日

kuralab.(ヴィジュアルデザインゼミ)がMaker Faire Tokyo 2012に出展しました

去る2012年12月1日(土)2日(日)に、東京の日本科学未来館で開催された「Maker Faire Tokyo 2012」にデジタルアート・アニメーション学科のkuralab.(ヴィジュアルデザインゼミ)の皆さんが出展しました。

kuralab maker faire tokyo 2012-1

kuralab.は電子部品をモチーフにしたm、オリジナルキャラクターグッズを出展しました。詳しくは、ヴィジュアルデザインゼミのブログサイトに、出展レポートが掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

kuralab maker faire tokyo 2012-2

Make:とは?
我々は、テクノロジーを消費するだけの存在ではなく、
テクノロジーを創造する人間、「Maker」にもなれる。
ーデール・ダハティ(Make日本語版 Vol.1より)
「「Make」は、アメリカ初のテクノロジー系DIY工作専門雑誌として2005年に誕生しました。自宅の庭や地下室やガレージで、びっくりするようなものを作っている才能あふれる人たちのコミュニティが、どんどん大きくなっています。「Make」は、そうしたコミュニティ同士を結びつけ、刺激と情報と娯楽を与えることを目的としています。
「Make」は、すべての人が思いのままに、あらゆるテクノロジーを遊び、いじくり、改造する権利を称賛します。「Make」の読者は、自分自身、環境、教育─私たちの世界全体をよりよいものにするための文化、コミュニティとして成長を続けています。それは、雑誌の読者という枠を超え、全世界的なムーブメントになりました。私たちはそれを「Makerムーブメント」と呼んでいます。」
(Make: Japan公式サイトより)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ddaa.jp/event_archives/mt/mt-tb.cgi/143