学生作品紹介

2014年12月11日

楓大介教授が長年にわたり歌舞伎役者四代目中村鴈治郎を撮影した写真集「四代目鴈治郎への軌跡」が発売されました!

デジタルアート・アニメーション学科の楓大介教授が、30年にわたり撮り続けた約24,000カットの中から選ばれた写真で構成される写真集が発売されました。

四代目鴈治郎への軌跡 大型本 - 楓 大介

amazon「四代目鴈治郎への軌跡 大型本 - 楓 大介」実業之日本社
http://www.amazon.co.jp/dp/4408630012

発売日: 2014年12月11日
大型本: 160ページ
出版社: 実業之日本社 (2014/12/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 4408630012
ISBN-13: 978-4408630014

<本書帯の紹介文より>
写真家・楓 大介が追い続けた、四代目中村鴈治郎の襲名までの歌舞伎役者人生30年の舞台写真の集大成。中村智太朗に始まり、五代目中村翫雀を経て、新鴈治郎へ。その軌跡を語るインタビューや父・坂田藤十郎からのメッセージ、代表作の開設付き。

関連記事:こんな先生に教えてもらいたい!
デジタルアート・アニメーション学科 教授 楓大介 インタビュー
http://www.aa.osakac.ac.jp/subject/teacher_kaede.html

2014年7月10日

アートプロデューサーの原久子先生の企画制作による展覧会が開催されます

大阪電気通信大学 総合情報学部教授でアートプロデューサーの原久子先生の企画制作による展覧会が開催されます。

140612_Asago_frier_front_ol.jpg

えっ、これなに!ワクワク、ドキドキ 光と影の不思議な世界へ!
『あさごの森の光と影のピクニック
Find the Light and Shadow in the Forest』

金澤麻由子、小岩亮太、ヤマガミユキヒロ
開催期間:2014年7月19日(土)〜9月23日(日)

あさご芸術の森美術館開館15周年記念の一環として「あさごの森で光と影のピクニック」を開催します。この展覧会は、あさご芸術の森美術館では初めてとなる、観覧者の参加型=インタラクティブ(双方向性)の映像アート展です。
一般的に美術館では、日本画や洋画、彫刻、工芸など「美しさ」の一片を切り取ってキャンバス(画布)に定着させた、あるいはブロンズや粘土に封じ込めた作品を展示します。これに対し、音楽や映画は「時間のつながり」の中でその真価を発揮します。
同展は、その延長線上にあり、情報科学の技術を表現の中に組み込ませたメディアアートで、見る人も作品の一部になる、参加体験型の映像インスタレーションです。えっ、これなに! という驚きとともに、ワクワク、ドキドキしながら光と影の不思議な世界へ迷い込みます。

関連イベント
ギャラリー・トーク
日時:2014年8月2日(土)14時〜

会場:本展会場内

企画制作:原久子
アートプロデューサー/大阪電気通信大学 総合情報学部 教授

金澤麻由子
1981年生まれ。2008年京都嵯峨芸術大学大学院修了。「ワンダフルワールド」(2014年、東京都現代美術館)、個展「動く絵」(2014年、ヤマザキマザック美術館)ほか。人の動作に反応し、動物が動き出すメディアアート作品は、チャーミングな絵も魅力。
技術提携:井村誠孝 大阪大学大学院基礎工学研究科コンピューター科学 准教授、金谷一朗 大阪大学大学院工学研究科デザイン科学 准教授
http://www.mayuart.com/

小岩亮太
1982年生まれ。2008年関西学院大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。NHK デジタルスタジアム ベストセレクション入り (2008年)、第6回芸術科学会展審査委員特別賞(2008年)ほか。「光」と「音」をテーマにエンターテイメント性の高い作品を学生時代より研究制作。
http://ryota4u.web.fc2.com

ヤマガミユキヒロ
1976年生まれ。2000年京都精華大学美術学部卒業。「始発電車を待ちながら」 (2012年、東京ステーションギャラリー)、第11回岡本太郎現代芸術賞/特別賞(2008年)ほか。繊細でリアルな鉛筆で描かれた絵画の上に実写映像を投影。時間、季節の移ろいを再現。
http://www.yamagamiyukihiro.net/

続きを読む "アートプロデューサーの原久子先生の企画制作による展覧会が開催されます"

2014年1月28日

アニメーション作品上映会「私たちの世界 - アニメーションの可能性」を開催します

アニメーション作品上映会「私たちの世界 - アニメーションの可能性」

今年度の立体アニメーション研究室で制作されたアニメーション作品の上映会が開催されます。
2Dアニメーション、パペットアニメーション、3DCGアニメーションなど、学生の多彩な作品をご覧下さい。

日時:2014年2月13日(木)13:00〜19:00
   2014年2月14日(金)10:00〜18:00

会場:寝屋川市地域交流センター「アルカスホール」ギャラリー
572-0837 大阪府寝屋川市早子町12番21号

主催:立体アニメーション研究室(大阪電気通信大学 総合情報学部 デジタルアート・アニメーション学科)

アルカスホール「交通アクセス」
http://www.arukas-hall.com/access/


より大きな地図で AruKas - アルカスホール - を表示

2013年11月29日

「第12回MADE IN OSAKA CM AWARDS」で市田俊介さんらが優秀賞を受賞

「第12回MADE IN OSAKA CM AWARDS」で市田俊介さんらが優秀賞を受賞

大阪広告協会主催「第12回 MADE IN OSAKA CM AWARDS」の学生部門において、デジタルアート・アニメーション学科の市田俊介さん(監督)清遠哲史さん(撮影)小網 暖さん(編集)が制作した「小林製薬糸ようじのTVCM『どんな汚れも逃さない』」が優秀賞を受賞しました。おめでとうございます!

詳細→ 大阪広告協会「第12回MADE IN OSAKA CM AWARDS」公式サイト

2013年2月 7日

授業課題作品の紹介(カウントダウン 2012)

毎年1年生の授業で作っているカウントダウン映像。
たった10秒のアニメーションです。

毎年作っているのですが、そのアイデアは尽きる事がなく、
次々と新しいカウントダウンが生まれています。

今年出来立ての優秀作品をいくつかご紹介します。
再生リストになっていますので、そのまま続けてご覧頂けます。

他にも沢山のカウントダウンがアップロードされています。
関連動画リストからもぜひご覧下さい。