デジタルアート・アニメーション学科 ブログサイト | 大阪電気通信大学 総合情報学部で“特別授業”タグの付いているブログ記事

2013年11月13日

特別講義「"Drawaholic" ドローワホリックってなんだ?」を開催しました

2013年11月7日に、ヴィジュアルアーティスト大石暁規氏の特別講義「"Drawaholic" ドローワホリックってなんだ?」を開催いたしました。

ヴィジュアルアーティスト大石暁規氏

"Drawaholic" ドローワホリックってなんだ?"
 〜ハンドメードのコピー&ペースト、
  毎日のスケッチブック・ペン落描きから世界を駆け巡る〜
ヴィジュアルアーティスト 大石暁規(おおいしあきのり)氏

ヴィジュアルアーティスト大石暁規氏

大石氏は、手描きのキャラクターとデジタルアニメーションを組み合わせた表現で国内外で活躍されています。
コンピューターは得意ではないけれど、手で絵を描くのは大好き!という大石氏が、どんな考えを持って、どんな風に作品を展開しているのかを、氏の作品例とともにプレゼンテーションして頂きました。

ヴィジュアルアーティスト大石暁規氏

大石氏のオリジナルARコンテンツも紹介して頂きました。イラストにカメラをかざすと、アニメーションが!
デジタルアート・アニメーション学科の学生にとっては、いわゆるアニメとゲームだけではないデジタルコンテンツに触れる貴重な機会でした。最後は「チャンスがチャンスを呼ぶ。これだと思ったらすぐに反応してそれを逃さない事!」と学生たちを激励していただきました。

レクチャーの後は、ゼミ室で残った学生たちに、講演内では話せなかった色々なお話をしてくださいました。
大石さん、ありがとうございました。ぜひまた来てくださいね!

毎日1枚絵をアップしているという大石氏の活動は、こちらからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/akinori.oishi.art

大石暁規(おおいしあきのり)氏 プロフィール
http://aki-air.com
http://blog.aki-air.com
http://www.shift.jp.org/cover/aki-air/nonflash.html

1972年生。京都市立芸術大学、IAMAS(国際情報科学芸術アカデミー)卒。カンヌMilia2001受賞を機に渡欧。仏デザインスタジオTeam Chman勤務を経て、ECAL(スイス州立ローザンヌ美術大学)で教鞭を執る。フランス在住時代には、パリの現代美術館「Palais de Tokyo」でアートゲーム作品『オプニヤマ』を発表。
帰国後は、絵本『小さいことにくよくよするな!』(サンマーク出版)、日本コカコーラ社『ラブ・ボディ』CMアニメーション制作。アートやデザインという枠を越えた活動を国際的に展開している。文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品賞など受賞。多摩美術大学などで講師を歴任する。

2013年11月11日

高校生の皆さんに体験授業に参加していただきました

四條畷学園高等学校の皆さんに四條畷キャンパスに来て頂いて、特別授業を開催いたしました。

アニメやゲームが大好きな高校生の皆さんにとって、見る側ではなく、作る側に立って考えるというのは、普段は味わえない新鮮な機会だったのではないでしょうか。

四條畷学園高等学校様に特別授業にご参加いただきました。

レクチャーでは、ボーカロイドソフトを使って短いメロディーを作ったり、CGキャラクターを動かして、色んなポーズを作ったりしました。

四條畷学園高等学校様に特別授業にご参加いただきました。

また、スタジオ見学ツアーでは、先端マルチメディア合同研究所JIAMSでのモーションキャプチャ体験や、映像合成、レコーディング体験も行いました。

四條畷学園高等学校様に特別授業にご参加いただきました

アフレコをしたり、短い番組を実際に作ったりして、興味のある分野のことを知る事ができて、高校生の皆さんもとても楽しんでくれたようです。

四條畷学園高等学校様に特別授業にご参加いただきました。

四條畷学園のみなさん、お疲れさまでした!また遊びに来てくださいね!