デジタルアート・アニメーション学科 ブログサイト | 大阪電気通信大学 総合情報学部で“原久子”タグの付いているブログ記事

2014年7月10日

アートプロデューサーの原久子先生の企画制作による展覧会が開催されます

大阪電気通信大学 総合情報学部教授でアートプロデューサーの原久子先生の企画制作による展覧会が開催されます。

140612_Asago_frier_front_ol.jpg

えっ、これなに!ワクワク、ドキドキ 光と影の不思議な世界へ!
『あさごの森の光と影のピクニック
Find the Light and Shadow in the Forest』

金澤麻由子、小岩亮太、ヤマガミユキヒロ
開催期間:2014年7月19日(土)〜9月23日(日)

あさご芸術の森美術館開館15周年記念の一環として「あさごの森で光と影のピクニック」を開催します。この展覧会は、あさご芸術の森美術館では初めてとなる、観覧者の参加型=インタラクティブ(双方向性)の映像アート展です。
一般的に美術館では、日本画や洋画、彫刻、工芸など「美しさ」の一片を切り取ってキャンバス(画布)に定着させた、あるいはブロンズや粘土に封じ込めた作品を展示します。これに対し、音楽や映画は「時間のつながり」の中でその真価を発揮します。
同展は、その延長線上にあり、情報科学の技術を表現の中に組み込ませたメディアアートで、見る人も作品の一部になる、参加体験型の映像インスタレーションです。えっ、これなに! という驚きとともに、ワクワク、ドキドキしながら光と影の不思議な世界へ迷い込みます。

関連イベント
ギャラリー・トーク
日時:2014年8月2日(土)14時〜

会場:本展会場内

企画制作:原久子
アートプロデューサー/大阪電気通信大学 総合情報学部 教授

金澤麻由子
1981年生まれ。2008年京都嵯峨芸術大学大学院修了。「ワンダフルワールド」(2014年、東京都現代美術館)、個展「動く絵」(2014年、ヤマザキマザック美術館)ほか。人の動作に反応し、動物が動き出すメディアアート作品は、チャーミングな絵も魅力。
技術提携:井村誠孝 大阪大学大学院基礎工学研究科コンピューター科学 准教授、金谷一朗 大阪大学大学院工学研究科デザイン科学 准教授
http://www.mayuart.com/

小岩亮太
1982年生まれ。2008年関西学院大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。NHK デジタルスタジアム ベストセレクション入り (2008年)、第6回芸術科学会展審査委員特別賞(2008年)ほか。「光」と「音」をテーマにエンターテイメント性の高い作品を学生時代より研究制作。
http://ryota4u.web.fc2.com

ヤマガミユキヒロ
1976年生まれ。2000年京都精華大学美術学部卒業。「始発電車を待ちながら」 (2012年、東京ステーションギャラリー)、第11回岡本太郎現代芸術賞/特別賞(2008年)ほか。繊細でリアルな鉛筆で描かれた絵画の上に実写映像を投影。時間、季節の移ろいを再現。
http://www.yamagamiyukihiro.net/

続きを読む "アートプロデューサーの原久子先生の企画制作による展覧会が開催されます"